ふるさと納税を利用して好きな自治体の特産品を手に入れよう

確定申告の手間を省く

食料品

最近話題になっているものといえば特産品がもらえるというふるさと納税制度です。この制度を利用したことのないという人もなかなか多いのではないでしょうか。とてもお得な制度だけれど、確定申告をしないとお得にはならないというので尻込みをしてしまう人もいるでしょう。しかし、2015年の4月からふるさと納税の制度が少し改正されており、一部の人は確定申告の手間が省けるようになっているのです。確定申告が不要になる人の条件として、まず一年間の内に寄付先が5つの自治体以内である必要があります。ふるさと納税は好きな自治体をいくつか選んで寄付することができるのですが、それが5つをオーバーしてしまうと確定申告が必要となるのです。そして、もう一つの条件が会社員等で他に確定申告をする必要のない人となっています。会社員で普段は年末調整だけで済ませているという人なら当てはまるでしょう。自営業者や高所得者というような確定申告を必ず行なわなければならないという人はこの対象にはならないので注意が必要です。この2つの条件が整っているのであれば、ふるさと納税の受領証を持って確定申告をする手間を省くことができるのです。また、この制度を利用したいと思ったときにはもう1つだけ注意しなくてはいけないことがあります。確定申告を不要にするためには、寄付を申し込むときの入力フォームや申込用紙にある「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用するためのチェック欄にチェックを入れなくてはいけません。